Tokyoto Electric Industry Corporate Pension Fund Organization

東京都電機企業年金基金

メニュー

遺族給付金(一時金)を請求するとき

遺族給付金(一時金)裁定請求書

  • (1)加入者期間が1ヵ月以上ある加入者の方がお亡くなりになった場合、(2)老齢給付金受給待期者または老齢給付金受給者の方が受給期間を残してお亡くなりになった場合には、ご遺族の方が「遺族給付金(一時金)裁定請求書」を電機年金基金に提出してください。
  • なお、この請求書には、次の書類を添付してください。

①亡くなった方の加入者証

②亡くなった方の死亡を証明する書類(死亡診断書、死体検案書、検視調書など)

③亡くなった方との続柄および第1順位の遺族であることを証明する書類(戸籍謄本など)

④個人番号連絡票

■遺族の範囲

遺族給付金(一時金)を受けることができる遺族は、死亡した加入者または老齢給付金受給待期者または老齢給付金受給者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、または、死亡の当時その者と生計を同じくしていたその他の親族(6親等まで)となります。

遺族給付金(一時金)を請求するとき