Tokyoto Electric Industry Corporate Pension Fund Organization

東京都電機企業年金基金

メニュー

年金・一時金の給付内容

給付の種類

  • 電機年金基金の給付は、老齢給付金(年金)・脱退一時金・遺族給付金(一時金)の3種類です。
  • 老齢給付金(年金)は、全部または一部を一時金で受け取ることもできます。
■年金・一時金給付の種類と受給要件
受給要件 内容
老齢給付金
  1. ・加入者期間10年以上の人が60歳以上で当基金から資格喪失(退職)したとき、または資格喪失後、60歳に達したとき
  1. ・加入者が老齢になったときに受け取れる有期年金
脱退一時金
  1. ①加入者期間が10年未満の場合
  2. ・電機年金基金から資格喪失(退職)したとき
  3. ②加入者期間が10年以上の場合
  4. ・電機年金基金から資格喪失(退職)したとき
  5. ・電機年金基金から資格喪失(退職)後、60歳に達するまでの間
  6. ※企業年金基金(DB)制度では、加入者期間にかかわらず「脱退一時金」の名称となります。
  1. ・老齢給付金の受給要件を満たす前に基金を資格喪失したときに受け取れる一時金(旧退職一時金)
  2. ・老齢給付金の受給要件を満たした人が、一時金での受け取りを選択した場合に受け取れる一時金(旧選択一時金)
  3. ・老齢給付金受給開始後に一時金での受け取りを申し出た場合に受け取れる一時金(旧選択一時金)
遺族給付金
(一時金)
  1. ・加入中に死亡したとき
  2. ・年金を受給する前に死亡したとき
  3. ・年金受給者が受給中に死亡したとき
  1. ・加入者や受給権者が死亡したときに、遺族に支給される一時金(旧死亡一時金)
■老齢給付金(年金)の受給方法に関する選択肢
受給形態
  1. ・年金原資の全部または一部を年金に代えて一時金(脱退一時金)として受け取ることができます。
  2. ・年金受給開始後に、全部または一部を一時金(脱退一時金)に変更することもできます。
  3.  受給開始後5年間:特別な事情が必要
  4.  受給開始から5年経過後:特別な事情は必要なし
  5. ・部分選択は25%・50%・75%のうちいずれかの選択となり、1回に限り可能です。部分選択後に再度一時金を受け取る場合には、残り全部を一時金で受け取ることになります。
受給期間
  1. ・受給期間は、5年・10年・15年・20年から選択できます。
    なお、受給期間を変更することはできません。

加入者期間と受けられる給付

  • 企業年金基金の加入者は、加入者期間や年齢などの受給要件を満たしたときに、それぞれの給付が受けられます。
  • 老齢給付金は全部または一部を一時金として受け取ることもできます。
年金・一時金の給付内容

加入者期間と受けられる給付

  • 電機年金基金の年金制度は、「キャッシュバランスプラン(変動利率制)」というしくみで設計されています。
  • キャッシュバランスプランは、加入者ごとに「仮想の口座勘定」(仮想個人勘定)を設定し、この口座に元本と利息を積み立てて給付原資とする元利合計型の制度です。
  • この利率は、国債金利連動で定められ、年金額や一時金額も国債金利に応じて変動します。
  • 電機年金基金では年1回、事業所を通じて「仮想個人勘定残高のお知らせ」をお渡しし、加入者に3月末時点の仮想個人勘定残高をお知らせします。
■給付額の算定
仮想個人勘定残高 = 元本分累計 + 指標利率による利息額累計
年金額 仮想個人勘定残高* ÷ 選択受給期間に応じた別表第1の率
脱退一時金額 仮想個人勘定残高
年金に代えて受け取る
脱退一時金額
年金額 ÷ 残余支給期間に応じた
別表第2の率
× 選択割合

一部を一時金で受け取る場合は、100%から一時金の選択割合を控除した割合を乗じた額となります。

■別表第1 選択受給期間別年金現価率
5年 4.704
10年 8.861
15年 12.536
20年 15.784
■別表第2 残余支給期間別乗率
残余支給期間 乗率
20年 15.784
19 15.166
18 14.533
17 13.884
16 13.218
15 12.536
14 11.837
残余支給期間 乗率
13年 11.120
12 10.386
11 9.633
10 8.861
9 8.071
8 7.260
7 6.429
残余支給期間 乗率
6年 5.577
5 4.704
4 3.809
3 2.892
2 1.952
1 0.988
0 0.000

※残余支給期間に1年未満の端数月がある場合の乗率は、次の算式により計算し、小数点以下第4位を四捨五入するものとする。
A年Bヵ月の乗率=A年の乗率+{(A+1)年の乗率-A年の乗率}×B/12

■選択割合ごとの給付金額例 仮想個人勘定残高2,000,000円の場合
(単位:円)

選択割合 全額年金で受給 一時金25%
年金75%
一時金50%
年金50%
一時金75%
年金25%
全額一時金で受給
一時金額 500,000 1,000,000 1,500,000 2,000,000
年金額 受給期間 5年 425,200 318,900 212,600 106,300
10年 225,800 169,300 112,900 56,500
15年 159,600 119,700 79,800 39,900
20年 126,800 95,100 63,400 31,700

※年金額・一時金額の100円未満の端数は切り上げとなります。

年金・一時金の給付内容